logo

ノートPC標準は15.4型ワイドへ、VistaでCore 2 Duoや地デジモデルも躍進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くの企業や学校の年度が切り替わる春は、年末年始と並んでパソコン販売が活発になる季節。なかでも店頭の約7割の台数を占めるノートPCはパソコン全体の販売動向を大きく左右する。Windows Vistaが発売され、ノートPCにも 新しい流れが出てきたようだ。そこで、「BCNランキング」から最新の販売動向と、約5年ぶりの新OS「Windows Vista」の登場が与えた影響を探った。

●Vista登場以降も主流は低価格ホワイトノート

 まずは、最新の07年3月第3週(07年3月19日-25日)の「BCNランキング」から、ノートPCの機種別販売ランキングを見てみよう。

 1位は、モデルチェンジのたびにランキング上位に食い込む東芝の「dynabook AXシリーズ」の「PAAX55ALV」がシェア9.0%で初のトップを獲得。前週1位だったNECの「LL550/HG」は2位、前週2位だった富士通の「FMVNF40U」は3位に それぞれ後退した。以下、NECの「LL750/HG」、富士通の「FMVNF50U」と続く。基本機能に絞ったソニーの新シリーズ「VAIO type N」の「VGN-N50HB」は一歩及ばす、シェア3.3%で8位だった。

 1月30日のWindows Vista発売以降、「BCNランキング」の週次データで1位を獲得したのは、「Windows Aero」などVistaならではの機能に対応した上位エディション「Home Premium」をOSに搭載した「LL550/HG」と、それらに非対応 の「Home Basic」を搭載した「PAAX55ALV」「LL550/HG」の3機種。1月最終週(1月29日-2月4日)から2月最終週(2月26日-3月4 日)までは、富士通の「LL550/HG」の独走だったが、3月以降、週ごとに1位が入れ替わる混戦状態になっ ている。

【写真と詳細記事はこちら】

-PR-企画特集