logo

フォトレポート:CeBIT 2007で披露された新型Origami PC

CNET News.com Staff2007年03月20日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Ultra Mobile PC」(UMPC)が初めて披露されたのは2006年のCeBITだった。Microsoftが「Origami Project」という名でキャンペーンを展開していたこともあり、発表前からさまざまな憶測が飛びかっていた。最初のUMPCはサムスン電子の「Q1」だった。値段が高い割に性能が低く、バッテリ寿命も短いなど批判の声もあった。CeBIT 2007では、新しい第2世代目のUMPCが多く登場した。今回もサムスン電子が、「Windows Vista」に対応した「Q1 Ultra」で先行した。サムスン電子はQ1に対する不満点を解決する形で同デバイスを開発したようだ。
Scroll Right Scroll Left

 「Ultra Mobile PC」(UMPC)が初めて披露されたのは2006年のCeBITだった。Microsoftが「Origami Project」という名でキャンペーンを展開していたこともあり、発表前からさまざまな憶測が飛びかっていた。最初のUMPCはサムスン電子の「Q1」だった。値段が高い割に性能が低く、バッテリ寿命も短いなど批判の声もあった。CeBIT 2007では、新しい第2世代目のUMPCが多く登場した。今回もサムスン電子が、「Windows Vista」に対応した「Q1 Ultra」で先行した。サムスン電子はQ1に対する不満点を解決する形で同デバイスを開発したようだ。

提供:Charles McLellan/ZDNet UK

 「Ultra Mobile PC」(UMPC)が初めて披露されたのは2006年のCeBITだった。Microsoftが「Origami Project」という名でキャンペーンを展開していたこともあり、発表前からさまざまな憶測が飛びかっていた。最初のUMPCはサムスン電子の「Q1」だった。値段が高い割に性能が低く、バッテリ寿命も短いなど批判の声もあった。CeBIT 2007では、新しい第2世代目のUMPCが多く登場した。今回もサムスン電子が、「Windows Vista」に対応した「Q1 Ultra」で先行した。サムスン電子はQ1に対する不満点を解決する形で同デバイスを開発したようだ。

-PR-企画特集