logo

ソニー、FOMA回線でも放送映像をリアルタイム伝送するシステムを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、FOMA回線やブロードバンド回線を利用して、安定した高品質映像をリアルタイムに伝送する「LocationPorter(ロケーションポーター)」サービスを3月15日から開始する。

 従来、中継車や多人数のクルーを必要とした中継を、デジタルビデオカメラ、PCなど最小限の機材と少人数で簡易かつ機動性を高めて実現するもので、緊急性、即時性が求められる放送局のニュース番組や企業・自治体が実施するイベント中継などで、高品質な映像伝送による現場中継を可能とする。

 ロケーションポーターの伝送映像は、業界標準のH.264/AVCによる映像圧縮方式を採用。これにソニー独自開発の高画質アルゴリズムと、映像品質制御機能(QoS)を組み合わせることで、FOMA回線の帯域でも高品質を保つとともに、変動するIPネットワーク伝送環境においても安定した映像伝送を可能としている。また、音声圧縮方式には、ソニー独自開発の高効率ATRAC3plusを採用した。

 サービスは、専用アプリケーションソフト搭載の映像送信用ノートPCや受信用デスクトップPCなどの機材レンタル方式となり、価格はサービス利用期間によって異なる。

 ソニーは、このビジネスをまず国内市場へ導入し、将来的には他のIP伝送路に応じた製品・サービスのラインナップ拡充や事業の海外展開を図るとしている。

-PR-企画特集