個人向け広告キーワード最適化サービス「ReleKey」が無償提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レリバッドジャパンは2月5日、個人向け広告キーワード最適化サービス「ReleKey」の無償提供を開始すると発表した。

 ReleKeyは、キーワードクラスタリング技術を搭載した、広告キーワード最適化サービス。800万語を超えるユニークなキーワードデータベースを保持し、延べ5億以上の関連キーワードを解析する。また、キーワードの関連性をスコアリングして表示するので、キーワード間における関連性の高低を把握できる。

 ユーザーはウェブで任意のキーワードを入力するだけで、そのキーワードに関連性の高いキーワードを検索でき、最新の人気キーワードのみならず、ロングテールを意識したマイナーキーワードまでリアルタイムで認識できる。

 レリバッドジャパンは、米国Relevad(レリバッド)が日本市場へ進出するためのマーケティング戦略企業として、2007年1月に設立。キーワード意味解析と、広告キーワード最適化分野におけるリーディングカンパニーであり、ReleKeyは米国でも業界初のサービスという。

 Relevadの調査によると、大手の検索サイトでさえ、検索キーワードの30%は広告出稿されていないものであり、ほとんど広告出稿されないマイナーキーワードも考慮すると、検索キーワードの約半数が広告ビジネスのチャンスを逃している。ReleKeyによって、広範な広告出稿を可能にするとともに、これまで見過ごされていたマイナーキーワードでの収益化など、真のロングテール型ビジネスへの貢献を目指すという。

 レリバッドジャパンは、今後、ブログやニュースなどの文章を分析し、文脈に沿った広告キーワードを提示する「ReleText」や、世界初のブロードマッチ型広告表示エンジン「ReleWord」などを順次日本市場で開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加