サンディスクとソニー、「メモリースティック PRO-HG」を共同開発

エースラッシュ2006年12月12日 07時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米SanDiskとソニーは12月11日、「メモリースティック PRO」を拡張した新フォーマット「メモリースティック PRO-HG」を共同開発したと発表した。

 メモリースティック PRO-HGは、高画質な動画や静止画撮影のリアルタイム記録、大容量データの高速転送などに適した最新フォーマットになる。インターフェースは従来の4ビットパラレルから8ビットパラレルへ拡張、クロック周波数も40MHzから60MHzへとアップされている。

 これにより、最高転送速度はメモリースティック PROの約3倍となる480Mbpsを実現、メディアの最低書き込み速度についても8ビットパラレルインターフェース転送時に120Mbpsが保証されている。また、メモリースティックPRO-HG対応機器では上位互換により、メモリースティックPRO-HGメディアおよびメモリースティックPROメディアが使用できるのも特徴だ。

 メディア外形寸法は、メモリースティック PRO-HG デュオで高さ20mm×幅31mm×奥行き1.6mmと、従来のメモリースティック デュオと同等。製品ラインアップは未定だが、規格上の最高容量は32Gバイトとなっている。なお、メモリースティック PRO-HGフォーマットは2007年1月に対応機器向けライセンスを開始するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加