logo

セイコーエプソンとマイクロソフト、特許権のクロスライセンス契約を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンとMicrosoftは11月14日、互いが保有する特許権の実施権を許諾し合い、その利用を促進するためのクロスライセンス契約を締結したと発表した。

 今回のクロスライセンス契約は、セイコーエプソンとMicrosoftそれぞれが自社の製品範囲を拡大し、より包括的かつコストパフォーマンスの高い製品を提供できるようにすることを目的としたもの。なお、契約の具体的な内容は開示されていない。

 契約締結によって、セイコーエプソンとMicrosoftの従来からの長期的な協力関係が強化された。これにより、家電製品や産業用電子機器の多くの分野で、両社間の特許技術の交換および製品やテクノロジへの実装がさらに促進されるとしている。

 セイコーエプソンの業務執行役員兼知的財産本部長である上柳雅誉氏は、知的財産の保護、なかでも特許権の不正使用の問題への対策を世界規模で強化できるものと期待していると述べている。

 また、Microsoftの副社長兼副ゼネラルカウンシル(次席顧問弁護士)であるMarshall Phelps氏は、「当社の重要な業界パートナーであるエプソンと当社が知的財産を共有し合うことにより、両社それぞれの革新技術をより多くのお客様に提供できる」と述べている。

-PR-企画特集