国内でもヤフー版「IE7」が公開--オークションを前面に

島田昇(編集部)2006年11月06日 22時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは11月7日、同社ブランドの「Yahoo! JAPAN向けInternet Explorer 7」(IE7)を公開する。標準で「Yahoo!オークション」や個人ページがタブブラウザ上で立ち上がることなどが、米国版と異なる点となる。

 米Yahooは米Microsoftの戦略に基づき、10月18日の時点で米Yahoo版IE7を公開していた。

 国内で公開されたヤフー版IE7は、検索バーに「Yahoo!検索」を組み込み、最新情報などが分かる「Yahoo!ツールバー」や人気の高い10数個のサービスが「お気に入り」に導入済みなのは米国版と同じ。国内版の特徴として、特にオークションの需要が高いことから、ツールバーや起動時の既定サイトとしてこれを組み込んだ。

 米MicrosoftはIE7を複数社のブランドで展開する方針のため、国内でもヤフー版IE7の登場を皮切りに、他社ブランドのIE7が今後、登場していくものと見られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加