ソニーのバッテリ自主回収--対象はノートPC用に限定へ

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年10月04日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーがバッテリの大規模な自主リコールの発表を計画している。米消費者製品安全委員会(CPSC)が正式に認めた。

 CPSCの広報室長Julie Vallese氏によると、このリコールは10月実施予定で、特定のノートPCメーカーが発表したものも含め、不具合の可能性があるバッテリすべてが対象になるという。ただし、対象とするのはノートPC用バッテリにとどめる見通しだ。

 ソニーは、ビデオカメラ、ポータブルDVDプレーヤー、ビデオゲーム機をはじめ、多数の電子機器向けにリチウムイオンバッテリを製造している。だが、リコールを共同で実施するCPSCとソニーによれば、リコールの可能性を最初に伝えたConsumer Reportsのブログの内容に反し、対象となっているのは今のところノートPC用のバッテリだけだという。

 ソニーの広報担当Rick Clancy氏は、ノートPC用バッテリパックの国際交換プログラムに関する米国時間10月1日付けの同社公式声明に言及し、「ソニーはCPSCに対して同技術の膨大なデータを提供した。また、同技術は多くのポータブル電子機器に採用されている。だが、われわれが知る限り、ノートPCについて報告済みの事項を超えてソニーが対応を検討しているものは、現時点ではない」と述べた。

 Vallese氏によると、CPSCは、電子機器もリコール対象になるとするConsumer Reportsに訂正を求めているという。

 「ソニーはCPSCと協力し、バッテリのリコール対象範囲に幅を持たせて特定しようとしている、というのが現実的なところだと思う。同委員会がリコールを実施するとすれば、対象はノートPC用バッテリに限定される。現時点では、それ以上の範囲は予想していない」とVallese氏は語っている。

 同氏は、「ソニーとCPSCは現在、リコールの対象、製造期間、および販売期間を特定する作業で協力を進めている。これらの情報は可能な限り早急に出せるよう努力する」と語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加