logo

ソニー、タッチパネルで操作できるデジタルカメラ2機種を発売

エースラッシュ2006年09月11日 19時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月11日、小型デジタルカメラ「サイバーショット DSC-T50」および「サイバーショット DSC-N2」を、10月13日に発売すると発表した。

 DSC-T50は、有効画素数720万画素の1/2型Super HAD CCDを搭載しており、光学ズームは3倍、液晶は3.0型のタッチパネルとなっている。光学式手ブレ補正機能を備えるほか、ISO1000の高感度にも対応している。バッテリーは1回のフル充電で約400枚の撮影が可能だ。

DSC-T50 ISO1000に対応するDSC-T50

 DSC-N2は、有効1010万画素の1/1.7型Super HAD CCDを搭載。光学ズームは3倍で、液晶は3.0型のタッチパネルだ。ISO1600の高感度に加えて、撮影した画像を自動保存するポケットアルバム機能も装備している。

 今回両機種に搭載されたタッチパネルは、指先で左右になぞることで画像再生の送り/戻しなどの操作が可能となっている。また、付属のペイントペンを利用して画像に文字やイラストを描き込むこともできる。ピント合わせ時には、液晶内でピントを合わせたいポイントに触れて誘導することも可能だ。

-PR-企画特集