logo

読者とブロガーが選ぶ2006年上半期のベスト記事

岩本有平(編集部)2006年08月14日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年も折り返し地点を過ぎてもう8月。7カ月弱の間にもIT業界ではさまざまな出来事があった。ここで、2006年1月から7月までの間でもっとも読まれた記事、そしてもっともトラックバックのついた記事から、2006年前半の重大ニュースを振り返ってみよう。

 2006年前半でもっとも人気だった記事は、iPodの快進撃やプロセッサの移行など、新たな展開を見せるアップルに降りかかる問題や、ライバル他社の近況を伝えた「アップルを待ち受ける『成長の限界』」だった。

 Intelプロセッサ搭載のMac MiniやiPod Hi-Fi発表直前の様子を伝えた「アップル、またもや『謎の招待状』--28日に新製品発表へ」やブラックカラーも発表されたMac Bookに関する記事も注目を集めた。

 しかしアップルの動向よりも衝撃的なニュースとなったのはライブドア代表取締役社長兼CEO(当時)の堀江貴文氏逮捕ではないだろうか。2005年には堀江氏の衆議院選挙への出馬などでも話題になったライブドアだが、風説の流布の疑いで東京地検特捜部が強制捜査に入り、1月23日には堀江氏ら幹部4名が逮捕された。ライブドア関連の記事は1位こそ逃したものの、2位、6位、11位にランクインしている。

 また、2006年秋冬にかけて発売される予定の次世代ゲーム機についての関心も高い。3位には「PLAY STATION 3」の部品コストに関する記事がランクインし、13位には「レボリューション」のコードネームで呼ばれていた任天堂の次世代機の名称「Wii(ウィー)」の名称が発表された際の記事もランクインしている。

 そのほか、Windows Vistaに関する記事にも注目が集まった。2007年3月21日発売を予定するが、実際にその日に発売されるのかということも含め、動向を見守りたい。

-PR-企画特集