logo

AT&T、長距離ネットワーク戦略および計画を明らかに

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年06月07日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シカゴ発-AT&Tは、次々に吸収合併を繰り返しながらネットワークのアップグレードを推進し、大企業の顧客や消費者に向けて多くのサービスを提供する。同社幹部が米国時間6日に語った。

 当地で開催中のGlobalCommトレードショーで基調講演を行ったAT&Tの最高技術責任者(CTO)、John Stankey氏は、長距離ファイバーネットワークのアップグレードに関する同社の戦略と計画の概要を明らかにした。

 歴史ある長距離電話会社のAT&Tと、地域電話会社の1社だったSBC Communicationsは、2005年に合併し、米国最大の電話会社となった。同じく地域電話会社のBellSouthとの間で提案されている合併が実現すれば、同社はその規模をさらに拡大することになる。

 Stankey氏によると、一連の合併によってトラフィックが増加し、規模が拡大すれば、AT&Tが世界中に張り巡らせる長距離ネットワークの増強に向けた投資拡大も十分正当化できるという。同社のネットワークは、合併前の時点で世界最大の国際IP網だった。

 AT&Tは、より高速なIPルータと光ネットワーク関連機器に数十億ドルを投資し、一部のリンク速度を10Gbpsから40Gbpsへと4倍に高めると、同氏は語っている。今夏投入予定のこれらのリンクは、AT&Tで最もトラフィックの多い31都市を結ぶことになる。ネットワークは最終的に9万4000Gbpsの転送が可能になると、同氏は付け加えた。

 Stankey氏によると、企業や消費者に新しいサービスを提供するには、もっと高速なネットワークが必須だという。

 「どれだけ高度なサービスを提供しても、これを支えるネットワークが内容に伴わなくてはしょうがない。AT&Tのネットワークには約5.6ペタバイトのデータが流れている。膨大な量だと思われるかもしれないし、確かにそうだ。しかし、それでも不十分な時代は来る」(Stankey氏)

-PR-企画特集