logo

デル、プレミアムブランド「XPS」シリーズに新モデル2機種を追加

エースラッシュ2006年05月31日 19時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは5月31日、個人向けパソコンのプレミアムブランド「XPS」シリーズの新製品として、ノートパソコン「XPS M2010」およびデスクトップパソコン「XPS 700」を発表した。

 XPS M2010は20.1型の大型ディスプレイを搭載しており、キーボード部の取り外しが可能な独特のデザインとなっている。ディスプレイを開き、キーボードを本体から切り離した様子は一体型のデスクトップパソコンのようだが、キーボードを取り付けてカバーを閉じればノートパソコンとして持ち運びが可能だ。

XPS M2010 「XPS M2010」

 本体から切り離したキーボードおよびマウスはBluetoothで接続される。CPUにはintel Core Duoプロセッサを採用、同社のノートパソコンとしては初のRAID構成も提供が予定されている。8スピーカー&サブウーファーを搭載することでサウンドにもこだわっている。発売時期は6月下旬を予定、価格は40万円前後とされている。

 XPS 700は推奨構成がCPUにIntel Pentium Dプロセッサ940を採用、2Gバイトのメモリと500Gバイトのハードディスクを搭載するというもので、高い描画機能を必要とするオンラインゲームを楽しみたいユーザーや、3DCGなどを制作するデザイナーなど、高い処理能力が必要なユーザーに向けた機種となっている。

XPS 700 「XPS 700」

 ハードディスクベイが4基あり、最大1.5TBのハードディスクを搭載できる。価格は、推奨構成は53万9700円、CPUにIntel Pentium Dプロセッサ930を採用し512Mバイトのメモリと160Gバイトのハードディスクを搭載したベーシック構成は19万2700円となっている。発売は6月6日の予定だ。

-PR-企画特集