logo

LunascapeのRSSティッカー機能でコンテンツ連動型広告配信の表示が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lunascapeは5月23日、高機能タブブラウザ「Lunascape」にRSS広告社のコンテンツ連動型の広告配信Webサービス「TWS(Trend match Web Service)」を採用することで合意、提携したことを発表した。

 この提携により、Lunascapeに実装されているRSSティッカー機能にRSS広告社が提供するコンテンツ連動型広告配信サービスを導入する。広告主は、ブラウザ利用者の利便性を損なうことなく効果的に広告や情報を配信できるようになる。具体的には、ユーザーがLunascapeで閲覧しているページの内容に合わせ、商品情報やキャンペーン情報などの広告をはじめ、ユーザーにとって有意義な情報がブラウザ上に配信される。

-PR-企画特集