iTunesを追うMTVとマイクロソフト、提携は「強力な組み合わせ」

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年05月18日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの新しいメディアプレーヤーソフト「Windows Media Player 11(WMP 11)」が概して高い評価を得ている。そのような中、アナリストは、今回のオンライン音楽ビジネスへの挑戦の真の強みは、MTV Networksとの提携にあると言う。

 予想どおり、Microsoftは米国時間5月17日、「Windows Media Player 11 for XP(WMP 11)」のベータ版を公開した。その2日前には、新しいデジタル音楽プレーヤーやネット上の別のサイトで同ソフトウェアが無償で公開されていた。

 WMP 11はMicrosoftの最新のジュークボックスプレーヤー。そのベータ版には、MTV Networksが同日発表したサブスクリプション形式のオンライン音楽配信サービス「Urge」が組み込まれている。15日にはiRiverが、同社の最新デジタル音楽プレーヤーであり初のWMP 11搭載プレーヤーである「Clix」を発表した。すべては、Apple ComputerのiTunes Music Storeやデジタル音楽プレーヤー「iPod」に対抗するためのMicrosoftが持つ全計画の一部である。

 コンピュータ専門家が一様にWMPのインターフェース改良について賞賛する中、ビジネスアナリストが注目しているのは、MicrosoftがMTVの優れたマーケティング力から得るものの大きさだ。

 「MTVにはAppleと対抗するのに必要なマーケティング力のようなものがある」と言うのは、The Yankee GroupのアナリストNitin Gupta氏。「TVからインターネットまであらゆるメディアを持っている。さらに、音楽や音楽関連サービスの売り方に関するノウハウもある」(Gupta氏)

 Appleは既にデジタル音楽ビジネスで大きくリードしており、これを切り崩すために、Microsoftはより優れたデザインと技術以上のものを提供することを求められると、業界専門家は言う。Appleは、音楽愛好家がどのようなデバイスやサービスを求めているか、そしてこれらのデバイスにいかにして社会的地位を与えるかを、見事に示してきた。言い換えれば、Appleは音楽愛好家への商品の売り方を知っているのだ。

 Appleの広報担当者は、この件についてのコメントを避けた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加