KDDIとグーグルが提携--「ケータイでググる時代がやって来る」

藤本京子(編集部)、岩本有平(編集部)2006年05月18日 15時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとGoogleは5月18日、業務提携を発表した。KDDIの提供するau携帯電話のインターネットサービス「EZweb」において、7月よりGoogleの検索エンジンを採用する。

 これまでもEZwebでは検索機能を提供していたが、検索結果にはEZweb内のコンテンツのみが表示されていた。今回の提携では、EZwebのトップにGoogleの検索ボックスを設置し、検索結果としてEZwebの公式サイト、EZwebの一般サイト、PCサイトの結果が順に表示される。

 EZwebの独自コンテンツへのアクセスも改善される。例えば、EZwebのトップページから好みのアーティスト名を検索した場合、現状では関連する公式コンテンツへのリンクのみが表示されていたが、新機能ではアーティストの楽曲がダウンロードできる直リンクが表示されるなどして、楽曲購入までの使い勝手が向上する。

 Googleの検索技術を利用することで、検索結果のページには検索キーワード連動型の広告が表示される。広告収入が両社間でシェアされるのかについては明らかにされていない。広告主は、Googleの提供する携帯電話向けの「Google モバイル広告」に申し込むことで、au端末に広告を掲載できるようになる。

KDDIとGoogle 固い握手を交わすGoogleのニシャー氏とKDDIの高橋氏

 KDDI 執行役員 コンテンツメディア事業本部長の高橋誠氏は、「EZwebのような携帯電話向けインターネットは、選び抜かれたコンテンツをユーザーに提供することは得意だった。しかしユーザーからは、一般情報を検索して見つけたい場合に十分な情報がないと言われていた。Googleと提携することで、KDDIは他社に先駆けてオープンなインターネットに対応し、情報閲覧のニーズに応える」とした。

 また同氏は、携帯電話のデータ通信に定額制が採用されるようになって以来、「テレビを見ながら携帯で情報を調べたいといったニーズが高まっており、携帯がテレビや新聞など他メディアと連携することが重要になってきた」とした上で、「今回Googleと提携することで、さまざまなメディアを見ながら携帯でググる時代が来るだろう」と述べた。

 Googleのモバイルプロダクト マネジメントディレクター ディープ・ニシャー氏も、今回の提携が「イノベーションを通じてユーザーの価値を高めるものだ」とした。

 なお、18日はソフトバンクが、同社の買収したボーダフォン日本法人の社名を10月1日より「ソフトバンクモバイル」に変更すると発表している。ソフトバンクブランドでサービスを展開することで、同社のグループ会社でGoogleのライバルでもあるヤフーのコンテンツを活用したい考えだ。

 今回のKDDIとGoogleの提携は検索分野のみだが、今後両社は共同で提供できるサービスの可能性についてさらに検討する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加