logo

フォトレポート:ファン必見--「自己調節」するギターの数々 - 2/5

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TransPerformanceの最初のクライアントとなったLed ZeppelinのJimmy Page。Performerがギター本体に内蔵される以前、複数のラップトップをギターに接続していた頃から、Pageは自己調節装置がもたらす音楽面の可能性を探ってきた。Pageが手にしたGibsonの「Les Paul」にはこのシステムの初期バージョンが搭載されている。
Scroll Right Scroll Left

TransPerformanceの最初のクライアントとなったLed ZeppelinのJimmy Page。Performerがギター本体に内蔵される以前、複数のラップトップをギターに接続していた頃から、Pageは自己調節装置がもたらす音楽面の可能性を探ってきた。Pageが手にしたGibsonの「Les Paul」にはこのシステムの初期バージョンが搭載されている。

写真提供:TransPerformance

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]