logo

フォトレポート:ファン必見--「自己調節」するギターの数々 - 3/5

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TransPerformanceを創業したNeil Skinnは、もともと自分のGibson Les Paul用としてこの自動調節システムを開発した。この写真にあるマホガニーでできたLes Paul Specialのように、Performerのハードウェアを収納するには本体を大きくくり抜く必要があるが、ギターの重さは改造後もほとんど変わらない。なおPerformerは独自の電源を使用するため、ギター自体には影響を与えない。
Scroll Right Scroll Left

TransPerformanceを創業したNeil Skinnは、もともと自分のGibson Les Paul用としてこの自動調節システムを開発した。この写真にあるマホガニーでできたLes Paul Specialのように、Performerのハードウェアを収納するには本体を大きくくり抜く必要があるが、ギターの重さは改造後もほとんど変わらない。なおPerformerは独自の電源を使用するため、ギター自体には影響を与えない。

写真提供:TransPerformance

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]