logo

ライブドア、livedoor Wikiを強化--グループウェア的な利用も

別井貴志(編集部)2005年12月19日 20時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドアは12月19日、Wikiのホスティングサービス「livedoor Wiki」の機能を強化した。

 まず、特定のメンバーのみWikiを見られる「閲覧認証」機能を追加した。Wikiユーザーが自分のWikiの閲覧を許可するメンバーを指定でき、指定されたメンバーはそれぞれ自分のlivedoor IDでログインして閲覧する。この機能を追加したことで、グループウェアのようにグループ内のメンバーで情報を共有したり、プロジェクトの進捗を管理したりできる。

 また、これまでの画像ファイルの添付に加えて、会議のドキュメントや録音データなど、PDFファイルと音声ファイルの添付が可能になった。音声ファイルは、MP3、WAV、WMA、MIDI形式に対応している。

-PR-企画特集