ビル・ゲイツ、携帯電話市場に大きな期待 - (page 4)

Ina Fried (CNET News.com)2005年05月19日 17時21分

--(Windows開発担当責任者の)Jim Allchinは2週間前、Microsoftは今も挑戦者の立場にあると述べました。あなたもモバイル市場では、Microsoftがそのような立場にあると思いますか。

 Nokiaが圧倒的なリードを維持していることは確かです。しかし、挑戦者の立場も悪くはありません。マスコミの報道がずっと好意的ですからね。この市場では当社は挑戦者であり、首位の企業が「ずる」をしないように目を光らせています。挑戦者という言葉が意味するところはよく分かりませんが、市場シェアは別にしても、当社がこの市場の重要なプレイヤーであることは間違いありません。この市場では今後も、多くの企業が激戦を繰り広げることになるでしょう。しかし当面は、Nokiaがこの市場のリーダーです。

--モバイル市場の中で、Microsoftがまだ進出していない領域のひとつが携帯ゲームです。この領域に進出する予定はないのですか。

 携帯電話でゲームを楽しむ人が増えているのは、非常に興味深いことです。

--ゲーム機に関してはどうですか。Xboxは据置型ゲーム機ですが、携帯ゲーム機市場もかなりの規模に達しています。この市場に興味はありますか。

 携帯ゲーム機市場は任天堂が支配しており、同社の牙城をソニーがPSPでどこまで切り崩せるかに市場の注目が集まっています。ソニーにはぜひPSP戦略に没頭してほしいと思います。そうすれば、その隙に据置型のゲーム機--つまり次世代Xboxを推進することができますからね。実をいうと、Windows CEを搭載したゲーム機はすでに存在します。私も使ったことがありますが、なかなかクールな製品です。しかし今のところ、携帯ゲーム機を新たに投入する計画はありません。まずは携帯電話の機能強化に専念し、ゲームへの展開はその後で考えるつもりです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]