logo

フォトレポート:ついにベールを脱いだ「Xbox 360」と対応タイトル

CNET News.com Staff、永井美智子(編集部)2005年05月13日 20時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月13日、日本を含む全世界でマイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox 360(エックスボックス サンロクマル)」が公開された。また、人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」の生みの親などが開発している対応タイトルも発表された。

 新たにデザインし直されたXbox 360は、オリジナルとは対照的な姿をしている。筐体とコントローラの設計は、San FranciscoのAstro Studiosと日本のハーズ実験デザイン研究所が共同で行った。この筐体はユーザーによるカスタマイズが可能なフェイスプレートが付属する。またソフトウェアのメニューも変更可能だ。

 日本でのXbox 360の発売は2005年末となる予定だ。ただし価格は明らかにされていない。

Xbox 360とワイヤレスコントローラ

正面から(Credit: Microsoft)

背面にはイーサネット端子がつく

-PR-企画特集