NTTドコモ、組み込みLinuxの米モンタビスタに300万ドル出資へ

ニューズフロント2004年12月22日 14時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモと米MontaVista Softwareは12月21日、NTTドコモによる300万ドル(約3億1200万円)の出資契約を締結した。NTTドコモが同日明らかにしたもの。

 MontaVistaは、組み込みLinuxの開発/保守を手がける企業。1999年2月の設立で、2004年11月末時点の従業員数は182人。NTTドコモは、一部製品にMontaVistaのLinuxを搭載している。

 出資の目的について、NTTドコモは「MontaVistaと直接の協力関係を構築することで、今後の当社Linux搭載製品の機能向上と開発効率化を推進する」と説明する。

NTTドコモのプレスリリース
MontaVista Software

  • このエントリーをはてなブックマークに追加