logo

アップル vs MSの舌戦がスタート--「MSN Music」公開で早速 - (page 2)

Ina Fried(CNET News.com)2004年09月03日 12時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが2日に集中攻撃したのは、Microsoftの全体的なアプローチについてはではなく、MSN Musicについてだった。

 同社は声明の中で、「iTunesミュージックストアでは現在、毎月1600万曲以上(年換算で2億曲に相当)もの楽曲を売り上げている。果たして、Microsoftの新しいオンラインミュージックストアは、最初の1カ月で何曲販売できるだろうか?」と述べている。

 MSN Musicが自力でAppleをトップの座から引きずりおろせるかどうかは議論の余地がある。だが、ここでより重要なのは、Appleが現在の地位を維持できるかだ。同社は、合法音楽ダウンロード市場の70%、そして米国のデジタルミュージックプレイヤー市場の約半分を独占していると主張している。

 「もちろん、このリードを維持するのがわれわれの仕事だ」(Joswiak)

 Joswiakは、Appleがただ状況を静観しているわけではないと付け加える。同社は、iPodの製品ラインに小型バージョンを追加したり、MotorolaやHewlett-Packard(HP)、BMWと提携したりしている。

 Appleは来月、ヨーロッパのミュージックストアを現在の数カ国から残りの各国に拡大する計画で、他の地域でもチャンスがあると考えている。

 「素晴らしいのは、地球上の誰でも何らかの音楽が好きということだ。発展途上市場も含め、どこの国でも (音楽を販売する)大きなチャンスがある」(Cue)

 MSN Musicで購入した曲がiPodで再生できないことに関しては、MicrosoftがAppleを非難している。

 Microsoftは自社サイトに、「簡単に再生できなくて申し訳ありません。残念ながらAppleは、iPodのプロプライエタリな音楽フォーマットと他社フォーマットの統合を拒んでいます。既にiPodをお持ちで、この方針に不満をお持ちなら、相互運用性に関するポリシーを変更するようAppleに訴えてください」と書いている。

 Microsoftは同サイトの中で、この問題の面倒な回避策を概説している。それは、購入した曲をCDに焼いてiTunesでリッピングすれば、iPod互換フォーマットに楽曲を変換できるという内容だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]