logo

ボーダフォン社長グリーン氏が辞任

藤本京子(CNET Japan編集部)2004年06月23日 18時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーダフォンホールディングスおよびボーダフォンは23日、両社の取締役兼代表執行役社長であったダリル E. グリーン氏が一身上の都合により同日付で辞任したと発表した。

 これを受け、代表執行役社長には現在両社の取締役会議長を務めるJ.ブライアン・クラーク氏が任命された。この決定は暫定的なもので、社長の正式な後任について選定のプロセスを開始したとしている。クラーク氏は正式な後任が選定されるまでの間、現職との兼務で代表執行役を遂行する。

 クラーク氏は南アフリカ共和国出身で現在55才。南アフリカCSIR(科学・研究評議会)のプレジデント、テルコム・サウスアフリカのチーフエグゼクティブを経てボーダフォンに入社、2003年6月より現職についている。

-PR-企画特集