logo

Mac向けOffice 2004の準備を進める米マイクロソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは6日(米国時間)、Mac向けOfficeの最新バージョンの提供に向けて準備を進めており、その他にもMac向け製品を提供する計画があることを明らかにした。

 Microsoftによると、同社は今年半ばにも、Mac向けOfficeの最新版となるOffice 2004を発売する計画だという。Microsoftのマーケティングディレクター、Tim McDonoughはインタビューに応じ、今後発表するOffice製品のMac版も開発作業に入っていると述べた。

 同社はOfficeの最新版に加え、Virtual PCの最新版も発表する。Virtual PCは、Mac上でWindowsプログラムを動かすことができるソフトウェアだが、x86プロセッサの動きをエミュレートするために動作は遅くなる。最新版となるVirtual PC 7では、AppleのG5プロセッサとの互換性を実現するほか、現在Microsoftが明らかにしていない機能も追加される。

 Microsoftによると、最新版のOfficeとVirtual PCの価格は、前のバージョンと変わらないという。Microsoftは2003年、Mac向けOfficeの価格を100ドル値下げし、現在399ドルで提供している(スタンダード版)。Virtual PCを含んだプロフェッショナル版のMac向けOffice Xは、499ドルで提供されている。

 Office 2004の最大の特徴の1つとして、新しいプロジェクトビューという機能がある。これは、電子メール、連絡先、スケジュール、Office文書や他のファイルなど、さまざまなアイテムをグループ化できるものだ。また、このほか、Wordでメモを取る新しい方法もあり、Word内にある文書とは別の欄で、メモの作成、編集、表示などのツールを利用することができる。

 メモ機能をWordに組み込むにあたって、MicrosoftはWindowsの場合とは異なるアプローチを採っている。Windowsでは、この目的のために、OneNoteという独立したプログラムがつくられた。

 Office 2004の追加機能は、音声録音機能やメモ帳にリンクを付加する機能など、OneNoteと類似したものだ。Mac向けOffice 2004の機能を利用してメモ帳で作成された文書は、Windowsで動くOffice 2003で読み込むことができるが、MacユーザーがOneNoteで作成されたファイルを読むための類似の手段はない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集