logo

ラウンドアップ:米リアル、米マイクロソフトを提訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラウンドアップ しばらくの間、鎮静化の方向へむかっているかに見えた米マイクロソフトの反トラスト問題が、メディアプレーヤーソフトを巡る米リアルネットワークスの提訴で、にわかに再燃した。MSのあらゆる力の源泉ともいえるWindowsの『独占』状態は、同時にいつまでも逃れることのできない『両刃の剣』であり続けるのだろうか・・・。


長年続いた一連の反トラスト訴訟が、ようやく終結を迎えると思われた矢先、米MSに対してまた新たな訴訟が起された。
---2003年12月19日

米リアルのCEO、R・グレイザーは、自らの純資産が50億ドルに達したとき、ようやくB・ゲイツを見返したという感慨を味わうことができた。だが・・・
---2003年12月19日

米国時間18日に起こされた独占禁止訴訟で、米リアルと米マイクロソフトの対立が頂点に達したことに関係者は驚きを隠せないでいる。
---2003年12月19日

米リアルネットワークスは18日(米国時間)、米マイクロソフトを反トラスト法違反で提訴した。
---2003年12月19日

-PR-企画特集