CNETパネリストが振り返る2011年

2011年12月17日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 早いもので2011年も残りあとわずかです。CNET パネルディスカッションの1年間のお題を見返してみると、パネリストの皆さんには多くのトピックにご意見を寄せていただきました。


 2011年は東日本大震災など私たちの価値観を大きく変える出来事や、アップル共同創業者スティーブ・ジョブズ氏の死去など衝撃的な話題も相次ぎました。IT業界における3大ニュースを選ぶとしたらどんなものが思い浮かぶでしょうか。皆さんの意見を聞かせてください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    1 東日本大震災と復興支援
    東日本大震災時の情報提供と復興支援にインターネットが大きな力を発揮しました。
    震災直後タイムリーにGoogle, Yahoo! JAPANなどは敏速な震災情報の提供を開始。Twitter, Facebookなどはマスメディアでは伝えられないニッチな情報を伝達。多くの義援金プログラム、復興支援サービス活動のHack For Japanなど、IT業界(もちろん他の業界もですが)の方々の震災復興の努力に敬意を表します。

    2 スティーブ・ジョブズの死去
    彼の功績と作品は語り継がれるでしょう。2011年10月5日は忘れられない日となりました。
    ジョブズの現実歪曲空間に入ってみたかった。

    3. Facebookのさらなる躍進
    いまだ衰えを知らず成長し続けているFacebook。8億ユーザーに達したとも言われている超モンスターサービスにも関わらず、短期間リリースを継続しているエンジニアリング能力には頭が下がります。
    だいぶ前のことのように思えますが、映画「ソーシャルネットワーク」が日本公開されたのは2011年1月のことですね。
    2011-12-21 06:50:21
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加