logo

GoogleのSNSは今度こそ成功するか

2011年7月1日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Google+」のベータ版を公開しました。


 Google+はユーザーが自分の友人や知人をカテゴリ別に分類できる「Circles」という機能を中心に成り立っており、Facebookのようなリアルタイムのウォール、写真や動画のアップロードなどを利用できます。また、ユーザーが興味の対象を入力すると、その特定のトピックに関連するニュースや動画などのコンテンツを受信できる「Sparks」という機能もあります。


 GoogleはSNSやコミュニケーション色の強いサービスを苦手としていると言われています。「Orkut」は米国のユーザーにはほとんど受け入れられず、2009年5月に公開したメッセージングサービス「Google Wave」は2010年8月に開発を停止しました。Googleの前CEOであるEric Schmidt氏は、同社がソーシャルネットワーク分野で後れを取ったことについて自分の責任であると認めています。


 GoogleのSNSは今度こそ成功し、Facebookを脅かす存在となるでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 手嶋守
    手嶋守さん (株式会社手嶋屋 代表取締役)
    Google+にアクセスしたとき、Facebookというより、Chatterを感じました。企業向けの印象です。Google+はソーシャルなのに、セクシーじゃない。プロフィールもタンパクだし、Likeでなくて+1 Poke(つっつく)機能もない。恋愛対象を女性にしたら、女性のフレンド候補をバンバン紹介してくれる機能もない。そこから消去法で、Google+は企業向けを目指しているのかなと思いました。

    お題の答えとしては「Facebookを脅かす存在にはならない。脅かすとしたらChatterや業務向けソーシャル・ネットワークではないか?」です。


    2011-07-01 14:08:39
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集