logo

GoogleのSNSは今度こそ成功するか

2011年7月1日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Google+」のベータ版を公開しました。


 Google+はユーザーが自分の友人や知人をカテゴリ別に分類できる「Circles」という機能を中心に成り立っており、Facebookのようなリアルタイムのウォール、写真や動画のアップロードなどを利用できます。また、ユーザーが興味の対象を入力すると、その特定のトピックに関連するニュースや動画などのコンテンツを受信できる「Sparks」という機能もあります。


 GoogleはSNSやコミュニケーション色の強いサービスを苦手としていると言われています。「Orkut」は米国のユーザーにはほとんど受け入れられず、2009年5月に公開したメッセージングサービス「Google Wave」は2010年8月に開発を停止しました。Googleの前CEOであるEric Schmidt氏は、同社がソーシャルネットワーク分野で後れを取ったことについて自分の責任であると認めています。


 GoogleのSNSは今度こそ成功し、Facebookを脅かす存在となるでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    ホーム画面だけに注目するとFacebookの情報デザインを踏襲しているように見えますが、実際利用してみるとGoogleらしいシンプルで洗練されたビヘイビアという印象です。Androidアプリも早速ダウンロードして利用してみましたが、シンプルで使いやすいユーザーインターフェースでした。

    ただ、Facebookと並行して継続的に利用するには、FacebookにはできないGoogle "ならでは" のキラーファンクションを必要になるでしょう。

    今後Googleがこのサービスをどのように育てていくかが楽しみです。
    2011-07-01 14:36:36
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集