サマータイム導入をどう考えますか?

2011年4月6日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災後の電力供給不足を補うために、今夏よりいかに電力消費を抑えるかが議論されています。


 3月25日には官房長官である枝野幸男氏が、需給ギッャプを埋める方法として「産業活動のあり方や生活様式の変化などにも対策を広げる」との考えを示しました。


 こうした電力対策の1つとして真っ先に挙げられるのがサマータイム制度です。夏の間だけ時計を1時間進め、涼しい時間帯から仕事を始めて夕方は早めに仕事を切り上げることで、節電を実行するものです。


 果たしてその実現性、システム的な課題、効果のほどはどうなのでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 奥木博一
    奥木博一さん (パーク24株式会社 業務推進本部 技術開発部 マネージャー)
    システム屋としての立場で考えると、国全体の時計自体を進めてしまう純粋なサマータイムは、この夏というタイミングではもう無理。技術的な細かい点は述べると膨大なので避けますが、強行すると、恐らく銀行やオンライン証券、ECシステムなど、様々なシステムで切替日に大きな混乱が起こります。

    ただし、個々の企業の判断による自主的なサマータイムやタイムシフトには賛成です。営業部門などの兼ね合いで、ドラスティックなことはできない会社もあるでしょうが、いつも夕方から夜にかけて行っていた自社で閉じる業務を早朝に持ってきて、夜は早く仕事を切り上げる。そんなことは可能なはず。これは、経済活動の促進にも効果が見込めます。

    夏のお昼の電力消費のピークを分散させるという意味では、全体サマータイムよりも自主サマータイムの方が分散化の効果があると思います。

    いかにも教科書的な発言ですが「自主サマータイム」、これを実践する企業はこの夏から多くあるはずだと考えていて、それは有効だと思います。
    2011-04-06 16:32:36
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加