サマータイム導入をどう考えますか?

2011年4月6日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災後の電力供給不足を補うために、今夏よりいかに電力消費を抑えるかが議論されています。


 3月25日には官房長官である枝野幸男氏が、需給ギッャプを埋める方法として「産業活動のあり方や生活様式の変化などにも対策を広げる」との考えを示しました。


 こうした電力対策の1つとして真っ先に挙げられるのがサマータイム制度です。夏の間だけ時計を1時間進め、涼しい時間帯から仕事を始めて夕方は早めに仕事を切り上げることで、節電を実行するものです。


 果たしてその実現性、システム的な課題、効果のほどはどうなのでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 楠正憲
    楠正憲さん (ブロガー・国際大学GLOCOM 客員研究員)
    夏のエネルギー需要削減や景気への若干の効果が期待されるので議論はすべきだが、情報システムや家電製品(HDレコーダー等)での検証には時間がかかるため、拙速な導入には反対。2000年問題の時のように1年以上の準備期間が必要ではないか。
    そのため仮に将来サマータイムを導入するとしても、最も電力の逼迫する今年の夏には間に合わない。短期的に電力消費のピークをずらすためには夏時間の導入ではなく、列車のダイヤや始業時間など全て1~2時間ずらすなど、生活リズムの見直しでカバーする方が現実的と考えられる。
    2011-04-06 16:03:42
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加