ジョブズ、孫正義--カリスマを継ぐ難しさとは

2011年3月3日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのCEO、Steve Jobs氏が3月2日のiPad 2発表会に出席しました。医療休養中とされていましたが、「今日は休んでいたくなかった」と述べ、いつもどおりのプレゼンテーションを披露しました。

 とはいえ、Jobs氏が医療休暇を取るのはこの7年間で3回目。Appleは内密に後継者計画を立てているようです。2月23日に開催された株主総会では、この後継者計画を開示せよという株主から要望が上がりましたが、結局、この議案は否決されました。

 一方、日本ではソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏が大々的に後継者育成プロジェクトを推し進めています。自身の後継者を発掘、育成するために「ソフトバンクアカデミア」を開校しました。

 カリスマ経営者の後継者選びにはどのような課題があるのでしょうか。また、パネリストの皆さんのなかには創業者の方も多くいらっしゃいます。自身の後継者問題について考えたことがありますか。ご意見をお聞かせください。


  • 村井亮
    村井亮さん (ビートコミュニケーション代表取締役社長)
    カリスマを見ると少年のような純粋な心を持ち続け崇高な夢やロマンを追っている人が多い。彼等を見ているとただ努力をしているだけではなく、自分のやっていることが誰よりも好きで、行動が大胆で、自己よりは最終的に社会を優先する人が多い。

    熟成されたワインと同じで、実はカリスマは最初からカリスマであったわけではない。夢やロマンを追い続けて、何度も挫折を経験しながらも大樹のように年輪を重ね、諦めず挑戦してきた人間の一部がカリスマに育っていくのだと思う。当然、同じだけの苦労を経験し、耐え抜く事は並大抵な事ではないため、カリスマはなかなか多くは現れない。

    一方で経営のスタンスから見るとカリスマがいる事が常に良いとは限らない。なぜならカリスマがいて正しい方向で経営をしている時、その会社は成長するが、カリスマの引退と同時に会社の成長が止ってしまうからだ。百年、二百年持つ組織を作るにはカリスマ不在でも自己変革し成長し続ける組織の仕組みが重要になる。

    後継者を育てるのはまずは根幹の部分でその人が傾向性として経営者にふさわしいマインドをもっているかどうかが重要である。そして、最初は経営者自身が経験してきたであろう多くの失敗を後継者が経験している訳ではないので、それなりの時間をかけ実体験として多くの失敗から学んでもらう必要がある。経験を伝授する際、若者に口頭で伝えていく事も必要だが、口頭だけだとその重要制を全て実感するのは難しい。最後に完璧な人など誰一人いないため、その後継者をサポートする体制を作れるかどうかが、後継者にバトンタッチした際、成功を維持していけるかどうかの鍵となる。
    2011-03-03 17:52:48
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加