ジョブズ、孫正義--カリスマを継ぐ難しさとは

2011年3月3日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのCEO、Steve Jobs氏が3月2日のiPad 2発表会に出席しました。医療休養中とされていましたが、「今日は休んでいたくなかった」と述べ、いつもどおりのプレゼンテーションを披露しました。

 とはいえ、Jobs氏が医療休暇を取るのはこの7年間で3回目。Appleは内密に後継者計画を立てているようです。2月23日に開催された株主総会では、この後継者計画を開示せよという株主から要望が上がりましたが、結局、この議案は否決されました。

 一方、日本ではソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏が大々的に後継者育成プロジェクトを推し進めています。自身の後継者を発掘、育成するために「ソフトバンクアカデミア」を開校しました。

 カリスマ経営者の後継者選びにはどのような課題があるのでしょうか。また、パネリストの皆さんのなかには創業者の方も多くいらっしゃいます。自身の後継者問題について考えたことがありますか。ご意見をお聞かせください。


  • 手嶋守
    手嶋守さん (株式会社手嶋屋 代表取締役)
    携帯電話会社としてのソフトバンクは心配していません。ドコモもKDDIもトップはあんまり個性がない感じがします。(顔、思い出せます?)そういう会社になればいい。一方で、孫正義自身のように開拓し、発展させる後継者に引き継ぐのは相当大変だと思います。

    Appleについては、自分自身が製品のファンです。デザイナやクリエイターの作家性が非常に強く出ているところに惹かれています。しかもそれがちゃんと製品として使えるところが凄い。たいてい作家性が出すぎる製品って使いにくくなります。

    Jobs以外でこの両立ができるかというと疑問です。下手につまらない製品を出されるくらいなら、新しい会社に道を譲って欲しいですね。

    脱線しますが、日本的に考えると、名前は名跡にして、2代目「孫正義」や2代目「スティーブ・ジョブズ」を襲名させてみたらどうかな?名前に追いつくために努力するというのが日本人という気がします。
    2011-03-03 17:02:58
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加