logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 湯川鶴章
    湯川鶴章さん (TechWave編集長)
    検索の重要性に関するヤフー幹部の認識が変わった。それだけのこと。それ以外の理由があるだろうか。
    もともと検索を重要視していなかったのでGoogleを使っていたが、検索の戦略的重要性に気付いて自社エンジンに切り替えた。どれだけコストがかかっても急速に拡大するGoogleの脅威に対抗する必要があると考えた。
    それが一転、Googleに再び委託することを決めた。となれば、重要性の認識の変化以外に理由などない。
    ヤフー幹部は時代の変化を読み取り、日本に焦点を当て始めたFacebookに対抗することに備える戦略に切り替えた。それが大きな潮流なんだと思う。
    詳しくはブログで。 (リンク »)
    2010-07-28 09:58:07
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集