logo

スパコン世界一目指すべき? 事業仕分けを考える

2009年11月27日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府の行政刷新会議が行っている予算見直しのための「事業仕分け」に対して、江崎玲於奈氏などノーベル賞受賞者が緊急声明を発表しました。同氏らは学術や科学技術に対する予算見直し作業が日本の科学技術発展にマイナスの影響を与えるという懸念を訴えています。

 政府は事業仕分けの中で次世代スーパーコンピューターの開発予算を削減すべきと判断しましたが、研究者らは「当該諸事業の評価において大いに問題があるばかりではなく、若者を我が国の学術・科学技術の世界から遠ざけ、あるいは海外流出を引き起こすという深刻な結果をもたらすもの」と批判しています。

 今回の科学技術分野の事業仕分けについて、パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    やるなら世界一を目指すべきだし、目指さないならやるべきじゃない、と思ってます。

    事業仕分けによって、説明責任の重要性が改めて浮き彫りになったこと自体はいいことだと思いますし、シロウト視点の意義も感じました。

    ただ結論の段階で、さじ加減でどうにかなると甘いことを考えているところが、シロウトの限界かな、とも思った次第です。とはいえ実はこれまでも財務省という「偉大なるシロウト集団」が似たようなことをやってきているわけですが :-p
    2009-11-27 10:47:42
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集