logo

mixi、モバゲー、iPhone--アプリを提供するならどこ?

2009年10月6日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィが8月末にSNS内アプリを開放し、「mixiアプリ」として提供しました。1カ月で100万人近くのユーザーを獲得したアプリも生まれており、好調なスタートを切っています。DeNAのモバゲータウンも2010年初頭からアプリをオープン化する予定で、現在パートナーを募集しているところです。mixi、モバゲーともに、モバイルSNSでのプラットフォームを充実させた後には世界進出を視野に入れているようです。

 その一方で、iPhone向けアプリも着々とアプリの仕組み、課金システムなどを整備しつつあり、日本でも続々とゲーム会社が参入を表明しています。さらにAdobeのFlashアプリをiPhoneのネイティブアプリに変更可能な開発者向けツールも発表されました。

 モバイルSNS、iPhone、ウェブアプリ。いまなんらかのアプリケーションを提供するなら、どこのプラットフォームが有望でしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。


  • 村上福之
    村上福之さん ((株)クレイジーワークス代表取締役引きこもり)
    うちは全部出さない。それらのプラットフォームは、個人が参入が容易で参入障壁が低く、競争相手がいっぱいいるし、泥仕合になるし、そのうえ無料か単価が低い。コンテンツがいっぱいありすぎて、誰も注目してくれないのがさみしい。ジャンプに出して使い捨てられるより、アフターヌーンで愛されたい。自社で出すなら、DSiウェアみたいに、ほかのプラットフォームと違い、みんながさほど注目していないし、参入障壁があり、個人が参入しにくい奴がすき。別にDSiじゃなくてもいいから、もうちょっと面倒くさいプラットフォームのほうがぼくは好き。みんなが「わーっ」て、向かっているところは何もないことが多い。ゴールドラッシュで生き残ったのは、わずかなラッキーな人と、「わーっ」って走っている人にジーンズを売っていたリーバイス社だけだ。最後の相場師 是川銀蔵氏の歌「野も山も 皆一面に 黄色なら あほうになって 白を買うべし」という言葉があった。あほうになって、他のパネラーの意見をむりくり全否定してみる。

    2009-10-15 13:29:15
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集