logo

Twitterはビジネスプラットフォームになるか

2009年9月3日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 140文字で「今、何をしているか」をつぶやきあうコミュニケーションサービス「Twitter」への注目度が高まっています。Twitterは2007年に米国でスタートしましたが、ここにきて芸能人や作家、政治家など利用者の裾野が日本でも広がり、企業のマーケティング活動などにも使われ始めています。

 自社コンテンツへ誘導したり、プレスリリースなどを流したり、カスタマーサポートに利用したりと企業によるTwitter利用の形はさまざまです。Twitter側も企業をサポートする有料プランの準備を進めています。

 Twitterはマーケティングプラットフォームとして定着するのでしょうか。それとも一時期のSecond Lifeのようにバブルで終わってしまうのでしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    ”なりません!”マーケティングプラットフォームなんていうものが存在するという考え方自体、幻想ですよ。企業や政治家にとっては、あったら便利だろうけど。個人をバカにした話ですよ。こんなもんで、コントロールできるようになるなんて本気で思っていたら。


    本当は自由じゃないんだけど自由っぽいつぶやきというそれっぽい情報発信が出来るTwitterに、自由を拘束するような意図的なマーケティングを求める連中が群がってきた時点で、Twitterは終わったも同然でしょう。”あっかんべー”しながらつぶやいてる内容なんて、僕は全く興味ありませんけどね。
    2009-09-03 18:58:20

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]