logo

Twitterはビジネスプラットフォームになるか

2009年9月3日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 140文字で「今、何をしているか」をつぶやきあうコミュニケーションサービス「Twitter」への注目度が高まっています。Twitterは2007年に米国でスタートしましたが、ここにきて芸能人や作家、政治家など利用者の裾野が日本でも広がり、企業のマーケティング活動などにも使われ始めています。

 自社コンテンツへ誘導したり、プレスリリースなどを流したり、カスタマーサポートに利用したりと企業によるTwitter利用の形はさまざまです。Twitter側も企業をサポートする有料プランの準備を進めています。

 Twitterはマーケティングプラットフォームとして定着するのでしょうか。それとも一時期のSecond Lifeのようにバブルで終わってしまうのでしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    ネットマーケティングの世界では概ね5年を1サイクルとして新たなマーケティングツールがクロスオーバーしており、10年前の「メール」、5年前の「ブログ/RSS」、そして現在の「Twitter」を始めとしたソーシャルサービスと推移しています。

    ブログコンテンツがRSSフィードによりリーチを拡大したように、Twitterを代表とするミニブログ型ソーシャルサービスは「ReTweet」によりコンテンツが有機的かつ自律的に拡大し、レバレッジの効かせることで、ニュースソースへのトラフィックジェネレーターとして有効に機能しています。

    さらに複数のソーシャルサービスとAPI連携する事によりマーケティング効果は拡大すると考えています。実際、フィードパスにおいても「Twitter」を中心に「Tumblr」、「facebook」などをPRツールとして採用しました。

    feedpathのTwitter( (リンク ») )
    2009-09-03 21:00:15

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]