logo

Google OSへの期待はいかほど?

2009年7月9日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが2010年後半にPC向けのOS分野に進出することを明らかにしました。Googleのブラウザである「Google Chrome」をベースとしたもので、立ち上げると即座にブラウザが表示され、ブラウザ内ですべてのアプリケーションが動く、非常に軽量なOSとのことです。

 すでにAcerやAdobe Systems、ASUSTeK Computer、Freescale Semiconductor、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instrumentsなどの企業から協力を取り付け、ネットブックと呼ばれるローエンドPCへの搭載を目指しています。

 ウェブブラウザをベースとしたOSは「ウェブトップ」「ウェブOS」などと呼ばれ、これまでいくつものベンチャーが開発してきましたが、はたしてユーザーに受け入れられるでしょうか。またマイクロソフトのシェアを崩すことは可能でしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    Macユーザーとしてはあまり興味のないOS。
    しかし、低価格PC=ネットブックのOSとしてWin XPに引導を渡し、さらにはWin 7へのスムーズな移行を妨げる要因になる可能性は非常に高い。

    とにかく、現在コンピューティングはパラダイムシフトが進んでおり、旧体制のMSと新体制のGoogleがガチで戦っている。昔の米ソの対立と同じで、主義の違いが明確になっているから相容れないのである。

    このChrome OSは、次には業務用サーバーなど、法人市場への参入のため高機能化していくと僕は思う。クラウドでデスクトップOS分野でMSを倒し、次には法人市場でもMSを倒す。Googleが目指す世界を実現するためには、MSを抵抗勢力として排除していかなければならないのである。
    2009-07-10 08:46:45

-PR-企画特集