logo

Google OSへの期待はいかほど?

2009年7月9日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが2010年後半にPC向けのOS分野に進出することを明らかにしました。Googleのブラウザである「Google Chrome」をベースとしたもので、立ち上げると即座にブラウザが表示され、ブラウザ内ですべてのアプリケーションが動く、非常に軽量なOSとのことです。

 すでにAcerやAdobe Systems、ASUSTeK Computer、Freescale Semiconductor、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instrumentsなどの企業から協力を取り付け、ネットブックと呼ばれるローエンドPCへの搭載を目指しています。

 ウェブブラウザをベースとしたOSは「ウェブトップ」「ウェブOS」などと呼ばれ、これまでいくつものベンチャーが開発してきましたが、はたしてユーザーに受け入れられるでしょうか。またマイクロソフトのシェアを崩すことは可能でしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    GoogleのネットOSへの参入を支持します。

    僕は、(ブラウザだけではなく)OSもテクノロジーのパラダイムシフトに順応して進化すべきと思っています。ローカルコンピューターの中ではなく、ネット上にアプリケーションとデータがストアされる世界が既に始まっているのですから。

    その一方で、(オープンソースといえども)OSを開発し、世に出し、普及させるには、テクノロジー、ユーザーインターフェース、ハードベンダーアライアンス、マーケティングなど幅広い分野で莫大な時間とヒューマンリソース、さらには資金が必要となりますが、当然ながらGoogleはその十分な開発能力と資金を持っているでしょう。(今やGoogleしか実現できないかもしれません。)

    Googleブログでアナウンスされた、「ネット利用が前提であるOSのあるべき姿のOS」とはどのようなものなのか期待しています。
    2009-07-09 17:16:50

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]