ネットサービス、閉鎖の作法とは?

2009年4月28日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータがブログサービス「Doblog」を5月30日をもって終了します。サービス終了の理由は、ブログシステムの技術的知見、コミュニティサービス運営のノウハウを蓄積できたから、だそうです。

 インターネットサービスには企業側の事情によって、実験的サービス、ベータサービスと銘打たれたものが多くあります。一方でユーザーが情報発信の重要な担い手として活躍する時代でもあります。ブログ、ソーシャルネットワーキングサービスなどに代表されるネットメディアは、ユーザーの生み出すコンテンツなくして成り立ちません。

 ネットサービスを閉じるときに企業はどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。パネリストの皆さんの考える「ネットサービス閉鎖の作法」について、ご意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 加藤順彦 / @ykatou
    加藤順彦 / @ykatou さん (ベンチャー起業家を支援&投資する人)
    いっぽうでプッシュトークの撤退 (リンク ») がまったく問題視されないのは、ほぼ誰も使ってないから。生活に根ざしてるサービスなら、ユーザーから異論は出ますよね。

    閉鎖の作法もそうだけど、プッシュトークに推定500億円以上の出費をして撤退しても、だぁれも責任をとらないのもまたNTTグループらしいわな。
    2009-05-12 15:55:52
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加