logo

混沌とするブラウザ競争の行方は?

2009年3月28日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間3月19日、Microsoftがブラウザの最新版「Internet Explorer(IE) 8」の正式版を公開しました。一方、ライバルのMozilla Foundationも最新版「Firefox 3.5」の公開に向け、開発を進めています。Googleは「Chrome」正式版を公開し、Mac版開発にも取り組んでいますが、Appleはその前にChromeによく似たブラウザ「Safari 4」をリリースしました。

 各社のブラウザ競争はどんどん複雑化していきます。現在の主戦場はどこにあるのでしょうか。パネリストの皆さんが考える競争のポイントを聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    今後のWebトラフィックの主戦場はモバイル。従って、モバイルとPCの両方を一気に抑えにかかることがブラウザ開発のキモになると思う。この点、ChromeとSafariは有利だ。

    それと、逆説的な言い方だが、いままではWebの開発者はブラウザ互換を考えて開発してきたが、これだけJavaScriptを多用した高度なWebアプリが登場してくると、今度はどれだけ多くのWebアプリの動作保証ができるか、アプリ提供者側に余計な開発をさせないかを、ブラウザ開発者が考えなくてはならなくなったと言えるだろう。例えば、Gmailを始めとするGoogle Appsが新ブラウザで動かないとすれば、ユーザーはアプリを使うことをあきらめるのではなく、そのアプリが動くブラウザを使うだろう。

    つまり、ブラウザ側がWebアプリ側に既を使う時代なのだ。この意味で、IEはけっこうな問題があると僕は思う。



    2009-03-28 23:57:48
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集