logo

ソフトバンクのMVNO--有効利用か、責務放棄か?

2009年2月10日 05時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルがイー・モバイルの回線を借り、仮想移動体通信事業者(MVNO)という形態で高速モバイルデータ通信サービスを提供すると発表しました。

 ところが、ソフトバンクモバイルは総務省から電波免許を受けている通信事業者であることから、自前で設備を構築せずに他社から電波を借り受ける行為は「周波数免許に伴う責務の放棄」であると社団法人テレコムサービス協会 MVNO協議会から抗議を受けました。

 これに対しソフトバンクモバイル代表取締役社長の孫正義氏は、ソフトバンクの2009年3月期第3四半期決算の発表会の場で、「電波は国民の共有資産であり、可能な限り有効利用するのが義務だ」と反論しています。

 通信事業者がMVNOとなることは、通信サービスの事業者を多様化し、競争を促進するというMVNOの趣旨に反するのか、それとも電波の有効利用という観点から認められるべきか、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    ソフトバンクのキャッシュフローについては、相当厳しい状態であるといわれていますが、ついに自前でネットワーク構築に投資する余力がなくなったということでしょう。
    光回線についても、自社でネットワークの構築を放棄し、NTTの光フレッツの代理店として販売するという動きであり、また今度はイーモバイルの通信ネットワークを利用して、データ通信のビジネスをやるということですが、そういう選択しか残されていないということだと思います。
    いろいろクレームがついたようですが、NTTドコモがガリバーで市場を支配している限り、弱いところに規制をかけるというのもやりづらいでしょうし、ユーザーから見ればどうでもいいという感じですね。
    通信事業者がMVNOとなることは、通信サービスの事業者を多様化し、競争を促進するというMVNOの趣旨に反するというクレームも、それに対するソフトバンクの電波の有効利用という反論にもちょっと無理があると思えます。
    問題は、ソフトバンクがMVNOというヤドカリのビジネスで、なにで、どこまで特徴がだせるのか、ユーザーに多様な選択を提供する差別化されたサービスの提供が本当にできるかのほうが気になります。それができればいいことだし、できないのであれば、ソフトバンクの存在価値はなくなって、やがて淘汰される運命になるということでしょう。
    2009-02-13 12:24:41
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集