Google ストリートビューは便利? 怖い?

2008年8月8日 20時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中のあらゆる情報を整理するというグーグルのミッションが着実に歩を進めています。同社は先日、道路に立った目線で実際の街並みを閲覧できる地図サービス「ストリートビュー」を公開しました。東京、大阪、札幌など主要12都市に対応し、細い路地までが網羅されています。これを使えば、夏休みの旅行の計画に役立てたり、あるいは家にいながらバーチャルな旅行を楽しんだりできそうです。

 一方で、プライバシーの侵害を懸念する声もあります。グーグルのカメラに撮影された人は、顔こそぼかされているものの、Google マップに表示されてしまいます。自宅の様子や自家用車なども同様です。もちろんグーグルは、ユーザーからの通報があれば人の顔や車のナンバーをぼかすなど個別に対応していく方針を明らかにしています。

 ストリートビューは日本で受け入れられるでしょうか。ウェブの利便性とプライバシーなどの関係について、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    怖いですね。ストリートビューそのものでなく、長い歴史のなかで開放的だった日本で、これだけプライバシーが問題だと騒がれる社会のほうが怖いですね。
    そうはならないとは思いますが、それで官僚が余計な仕事をつくり、天下り先の組織をつくって利権をつくるという流れとなると最悪です。
    便利と思える活用機会は思いの外少ないでしょうが、便利というよりは面白いですね。知っている人が写っていましたが、場所が特定されていたから知人と分かっただけで、普通ではわかりません。でも面白い。
    残念なのは、iPodのサファリが対応しておらず、白い枠しかでてこないことです。これこそ携帯で見ることができれば、方向音痴の私的には、最高のサービスなんですが。


    2008-08-13 11:28:57
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加