iPhone日本販売、どのキャリアから?

2007年12月25日 14時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロイターの報道によれば、Appleが日本での「iPhone」販売において、NTTドコモとソフトバンクの幹部と会っており、両社を競わせる考えを持っているそうです。またThe Wall Street JournalはSteve Jobs氏がNTTドコモ社長の中村維夫氏と会談したことを伝えています。これに対し、KDDIはAppleと交渉をしていたことは明かしたものの、利益を上げられるビジネスモデルを確立することが難しいとしており、auでの投入には消極的な姿勢です。アジアでのiPhone展開は早くて2008年と言われていますが、Appleと国内キャリアの協議の争点はどこになるのでしょうか。またiPhoneを獲得するのはどこのキャリアになると予想されるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)

    僕はドコモがGoogleと提携したことで、逆にドコモが一歩リードした、と思う。アンドロイドとiPhoneは必ずしもライバルではない。互いに必要なカウンターパートナーだ。アンドロイド対応は、最終的にはすべてのキャリアが行なうだろうから、iPhoneとアンドロイド携帯が同じキャリアにいてもなんの問題もないし、肝心のブラウザは共にSafariだ。

    まして、ソフトバンクはYahoo!がいる。iPhoneがGoogle MapsやYouTubeをメインコンテンツにしている以上、Yahooを抱えるソフトバンクは自己矛盾に陥るのでは?また、米国でのiPhoneはYahoo Mailを採用しているが、日本のYahoo mailとは異なるから日本ではGmailを採用するのではないか?

    ともあれ、林信行さんの言葉を借りるとiPhoneは「食わずにはいられない毒リンゴ」だ。既存のビジネスモデルを台無しにする恐れがあるが、それでもiPhoneを手にしたキャリアは、最もクールなキャリアとしての栄誉を得る。auは既に脱退したようだが、ドコモとソフトバンクの水面下の綱引きは最後の最後まで、必死の攻防が続くだろう。

    実は僕自身はソフトバンクもauもドコモも持っていて(笑)どれがきてもすぐにiPhoneに切り替える準備は万端だ。

    2007-12-27 09:43:15
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加