logo

注目分野となるか? ITとエコの関係

2007年12月3日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがクリーンエネルギービジネスに参入することを明らかにしました。2008年に再生可能エネルギーの研究開発に多くの資金を投資し、再生可能資源から作った電気を自社のデータセンタにまわすほか、他社に販売したり、技術を定額でライセンスすることも視野に入れているようです。日本では以前からはてなやミクシィがサーバの電気代をグリーン電力に切り替えています。また10月にはサンやIIJが地底空間にデータセンターを建設するエコプロジェクトを発足させました。IT企業が相次いで環境関連の取り組みを発表していますが、グリーンITは2008年の注目分野となるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 加藤順彦 / @ykatou
    加藤順彦 / @ykatou さん (ベンチャー起業家を支援&投資する人)
    エコに限らず、企業のCSR活動は表明自体にまず意味があると思います。
    具体的な取り組みが地球にどんだけ優しいのか、いかほど二酸化炭素を減らすのか、という実効果もさることながら、影響力のある企業であるほど、その啓蒙パワーは大きい。世論形成・意識づけのトリガーになりますよね。ディカプリオがオスカー授賞式にプリウスに乗って来るようなことではないでしょうか。
    極致は尊敬されること。ブランドを創っていくことに向きあうならば、これからは企業姿勢や理念に基づく行動こそ最強の武器&リスクマネジメントになるでしょう。

    んでビジネスになるのか。総論はさておき、各論ではGoogleさんのことなんでコレもやる気満々だと思います。ハイ
    2007-12-04 00:56:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集