アップルのAIは「Apple Intelligence」--Siriの強化、ChatGPT連携など

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年06月11日 06時12分

 Appleは6月11日に開幕したWWDCで、人工知能(AI)へのさらなる取り組みである「Apple Intelligence」を発表した。これを「iOS 18」「iPadOS 18」「macOS Sequoia」に組み込むほか、OpenAIの「ChatGPT」へのアクセスもこれらのプラットフォームに統合する。

発表の様子
提供:Apple/Screenshot by CNET

 パーソナルコンテキストに基づいて答えを提供し、タスクを実行するということが、Apple IntelligenceにおけるAppleのアプローチの大きな要素だ。Appleはこれを、競合他社がすでに発表したAIの取り組みと自社の取り組みを区別するために使っているようだ。例として、AppleはApple Intelligenceが交通の状況、スケジュール、連絡先などの複数の要素を理解し、イベントに間に合うかどうかの判断を支援すると説明した。

 Appleは、プライバシーについても強調した。Apple Intelligenceを動かすモデルの多くはデバイス上で実行される。この場合、情報がデバイス内にとどまるため、一般的にプライバシーがより守られると考えられている。より大きなモデルを必要とする複雑なタスクは、「Private Cloud Compute」と呼ばれるシステムを使用し、「Appleシリコン」を使って特別に作られたサーバー上で実行される。Apple Intelligenceが、タスクをデバイス上で処理できるかどうかを判断する。

「Siri」のアップグレード

「Type to Siri」と書かれたスライド
提供:Apple/Screenshot by CNET

 SiriはAppleのAI推進の大きな一翼を担っている。今回のアップデートにより、Siriはより自然で関連性が高く、パーソナルなものになる。より自然な言語で話すことができ、ユーザーが言葉につまずいても話について行けるという。コンテキストを理解するので、フォローアップの質問が可能になる。Siriはテキスト入力にも対応している。

 Siriは、デバイスのさまざまな機能や設定に関する質問に答えられるようになるため、iPhoneなどの利用をサポートする能力も向上する。また、2025年にかけて提供予定の新機能として、画面を認識する機能が追加され、画面に表示されている内容に基づいてアクションを実行できるようになる。例えば、メッセージで友人の住所を受信した際、友人の連絡先カードにその住所を追加するようSiriに指示できる。

 動画の編集など、アプリ内でのアクションも可能になる。また、パーソナルコンテキストに基づいて、タスクの達成を支援できるようになる。例えば、家族が乗っている飛行機の到着時刻を尋ねれば、テキストメッセージや電子メールを通じて共有されている可能性があるフライト情報を参照する。ランチの予約など他の情報も取り込むことができるため、アプリを切り替えることなく、空港からレストランまでの所要時間を尋ねることができる。

画像生成と生産性

動画の検索について説明する発表者
提供:Apple/Screenshot by CNET

 Apple Intelligenceの機能の中には、GoogleやMicrosoftがこの1年間に発表したツールと同様に、生産性を高めることを主眼とするものがいくつかある。例えば、電子メールを別のスタイルに書き直すのを手伝ったり、優先度の高い通知を要約したりできる。重要な通知を一目で確認しやすくするのが狙いだ。

 また、テキストに基づいてカスタムの絵文字「Genmoji」を作成できる。

 Appleは、画像生成機能「Image Playground」も発表した。この機能では、テーマ、アクセサリー、場所などからさまざまなコンセプトを選択して追加するだけで画像を生成できる。具体的なイメージがある場合は、それをタイプ入力して追加できる。スタイルは、スケッチ、イラスト、アニメーションの3種類から選択可能だ。コンテキストを理解しているため、メッセージの内容などに合ったコンセプトを提案してくれる。Image Playgroundはアプリとして提供されるが、「メッセージ」や「Keynote」などのアプリにも統合される。

 「メモ」アプリには、メモ内の下書きを丸で囲んでImage Playgroundを開き、よりリアルな画像を作成できる「Image Wand」が追加される。

 Apple Intelligenceは、ユーザーの代わりにさまざまなアクションを実行できる。先週のファイルを取り出したり、友人や家族が先日送ってきたポッドキャストを再生したり、といったことを頼むことができる。

ChatGPTとの連携

ChatGPTとの連携について語る発表者
提供:Apple/Screenshot by CNET

 AppleはOpenAIと提携し、iOS 18、iPadOS 18、macOS SequoiaにChatGPTへのアクセスを組み込む。例えばSiriを使用している場合、Siriは特定の質問に答えるために必要であればChatGPTの知識を活用できるようになる。例えば、裏庭のデッキに合う植物の種類を知りたい場合、写真を撮れば、SiriがChatGPTを使って回答を提供できる。

Appleのプレスリリース

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]