KDDIら4社、アジア最大規模のAIデータセンター構築に向けた協議を開始--シャープ堺工場跡地に

 KDDI、Super Micro Computer(Supermicro)、シャープ、データセクションの4社は6月2日、アジア最大規模のAIデータセンター構築に向けて、協議を開始することに合意したと発表。シャープの堺工場跡地を活用し、NVIDIAの最先端のAI計算基盤を導入するという。

 取り組みと合意の背景として、AIが加速度的に進化するなか、急増するAI処理に対応できるAIデータセンターの構築が求められている。一方、大規模なAI計算基盤を持つデータセンターの構築にあたっては、最先端の演算装置の調達、設備の発熱を抑える高効率な冷却システムの整備、電力・場所の確保の3点が課題になるという。そして各パートナー企業のアセットを集結し、これらの課題に素早く対応したAIデータセンターの構築を目指すとしている。

調印式の様子
調印式の様子

 4社は今後本合意に基づいて、シャープの堺工場跡地にAIデータセンターを構築し、早期に稼働を開始することを目指す。このAIデータセンターには、NVIDIA最先端の「GB200 NVL72」などのAI計算基盤を構築することを検討しており、またSupermicroが膨らむ発熱量に対応可能なプラットフォームを提供することを協議する。シャープの堺工場跡地に構築することで、十分な電力と場所を確保できる見込みという。データセクションは本AIデータセンターの運営支援を実施、KDDIはネットワークの構築・運用などでこのAIデータセンター構築をサポートしていく予定としている。

ニュースリリース(KDDI)
ニュースリリース(シャープ)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]