グーグル、マップと検索に「サステナブル」な移動を促す新機能を追加

Sabrina Ortiz (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年04月18日 12時24分

 Googleは米国時間4月17日、「Googleマップ」と「Google検索」に、よりサステナブル(持続可能)な選択を促す新機能を追加すると発表した。これには、公共交通機関や徒歩のルートの提案、飛行機に替わるルートの提案などが含まれる。

バスのイラスト
提供:Google

 Googleマップでは、車での移動ルートを表示した際、所要時間が同じくらいの公共交通機関と徒歩による移動ルートがあれば提案する機能を追加する。同社はその例として、車での移動時間より3分早い公共交通機関のルートが表示されるケースを紹介している。

代替ルートが表示された画面
提供:Google

※クリックすると拡大画像が見られます

 この機能は今後数週間のうちに、アムステルダム、バルセロナ、ロンドン、モントリオール、パリ、ローマ、シドニーなど世界15都市で利用可能になるという。

 Google検索では、長距離列車の情報を検索できる機能を拡大し、バスの情報にも対応する。この機能は、発着時刻や料金、予約するためのリンクを検索結果に表示するもの。現在、日本を含む38カ国の鉄道と15カ国の長距離バス路線に対応している。

 また今後数カ月のうちに、フライトを検索した際に代替案として鉄道ルートを提案する機能を「Googleフライト」に追加する予定だ。

 フライトを利用することが最善または唯一の選択肢である場合でも、以前から検索結果に各フライトの推定CO2排出量を表示しており、ユーザーがより排出量の少ないルートを選べるように支援している。

Googleの発表

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]