YouTube、広告ブロックアプリへの対策を強化

Meara Isenberg (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年04月17日 10時11分

 YouTubeは米国時間4月15日、利用規約に反するサードパーティー製の広告ブロックアプリについて、対策を強化すると発表した。こうしたアプリを使って動画を見ようとすると、バッファリングの問題が生じたり、「次のコンテンツはこのアプリでは利用できません」というエラーメッセージが表示されたりする可能性があるという。

YouTubeのロゴ
提供:James Martin/CNET

 YouTubeは2023年秋、The Vergeに提供した声明の中で「広告ブロッカーを有効にしている視聴者に、YouTubeでの広告を許可するか、広告なしの『YouTube Premium』を試すよう促す、世界的な取り組みを開始した」としていた。

 YouTubeは今回の発表の中で、「当社の規約では、サードパーティーのアプリが広告をオフにすることを認めていないことを強調したい。なぜなら、それによってクリエイターが視聴回数に応じた報酬を得られなくなるからだ。YouTubeの広告はクリエイターを支援し、世界中の何十億もの人々がこのストリーミングサービスを利用するのに役立っている」と述べた。

 月額1280円のYouTube Premiumでは、広告なしの体験を提供している。

YouTubeの発表

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]