京セラ、CVC「京セラベンチャーズ・イノベーションファンド1号」を開始

 京セラは3月21日、日本とアジアのスタートアップを中心としたコーポレートベンチャーキャピタルファンド「京セラベンチャーズ・イノベーションファンド1号」(KVIF-Ⅰ投資事業有限責任組合)を組成したと発表した。継続的に新規事業を創出する体制を強化する。

 4月1日に設立し、ファンド規模は4000万米ドル。運用期間は10年になる。主な投資領域は、環境・エネルギー、情報通信、医療・ヘルスケア、モビリティ、材料技術、AI含むソフトウェア、航空・宇宙・防衛、半導体、核融合。シリーズA中心にシード~シリーズCまでのアーリーステージを対象とする。

 京セラでは、自社の研究開発とともに新規事業の創出に向け、スタートアップへの投資や協業に取り組んできた。今後は、この動きをさらに強化するため、市場の変化を先取りしたオープンイノベーションを一層加速させていくとしている。

プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]